旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :18/11/04

    触れて楽しむ とちぎの農村体験

親子で!友達同士で!たまねぎ定植・カレー作りで食を知る

たきつかさ
(神奈川県/20代/女性/)
同行者:ひとり

宇都宮駅(西口)からバスに乗り、40分ほど揺られたところで窓の外を見ると、田んぼに稲が実っており、秋を感じることができました。今回参加した宇都宮農村交流プロジェクト協議会の「たまねぎの定植・カレー作り」の会場は、逆木発電所入口バス停から徒歩3分の場所にあるレストラン。たまねぎを植えるところから始まり、最後はプロの料理人直伝・豆乳マヨネーズ作りとキーマカレー作りを行いました。採れたての玉ねぎはもちろん、使用した野菜はすべて宇都宮の地場野菜。食を通して、宇都宮の皆さんの温もりを感じることができるイベントであり、食育についても学べる貴重な体験となりました。

ここがイチオシ!おすすめ!

親子同士の交流が深まる!体験を通して”食育”を学ぶ!

たまねぎを植える、カレーを作る(食材を調理する)、そして、食べる。今回の体験のように、いろいろな形で実際に”食”に触れることが「食育」で大事なことだそうです。スーパーで食材やお惣菜を手軽に買う生活を送る中、このような機会をもてたことで、食事への意識も変わりました。お子さんに「食の大切さを知って欲しい」と親子で参加されていた方が多かったこのイベント、親子で食育について考えるとても良い機会になったのではないかと思います。友人同士や親子同士で新たな交流が生まれ、子どもたちの食に関する悩みを相談しあったりしている様子も見られました。

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

とくに親子・夫婦は、普段食事を共にすることが多いはず。いつも同じ食卓を囲んでいるからこそ、そのひとつひとつを大切に感じられるイベントなのではないかと思いました。食事への向き合い方を考えさせられるイベントです。

アルバム

  • まずはじめに、タマネギの定植を。大人の拳ひとつ分を空けて植えることが重要だそうで、「親子で参加している方はお父さん・お母さんの拳で間隔を空けてください!」とのアドバイスが。親子で横に並び、タマネギの定植を行ないました。

  • もちろん、友人同士も。今回のイベントでは、レストランに遊びに来る常連さんも多かったです。自分が植えたタマネギがわかるようにネームプレートをさしました。「ときどきレストランに来るついでに、タマネギの様子も見に来てくださいね」とのこと。私も行ってみます!

  • たまねぎの定植体験のあとは、キーマカレーを作りました。大人がヘタをとり、子どもたちが一生懸命トマトをつぶす。親子同士のつながりが深まった瞬間なのではないかと思います。

  • カレーを煮込むときは連携が大事! 20名ほどが食べるカレーを、子どもたちが交代しながら混ぜていました。時折、プロの先生が味見をしながら調味料を調整。美味しいカレーができるよう、みんなで力を合わせました。

  • 先生直伝の豆乳マヨネーズをつくったあとは、専用トレイに盛り付けをして「いただきます!」。タマネギの定植で一汗をかき、一生懸命つくったカレーはとても美味しかったです。ご飯を大盛りにしている子どもたちがたくさんいました。