旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :18/10/28

    触れて楽しむ とちぎの農村体験

「心の旅」ではなく「足の旅」を!触れて食べて感じる自然の魅力

たきつかさ
(神奈川県/20代/女性/)
同行者:ひとり

宇都宮駅に到着し、定期的に交流活動をしている農家グループ「農人たち」さんの畑へ向かいました。天気に恵まれ、田んぼをながめながら歩きました。会場に着くと、来客用にシャワーやきれいなお手洗いが完備されており、いろいろな人が遊びにいきやすい場所でした。にんにくを植えたあとは、ピザを作ってお昼ごはん。近所の農家さんがお赤飯を持ってきてくださったり、採れたてお野菜のサラダをいただいたり、宇都宮の方々のあたたかさを感じた1日でした。

ここがイチオシ!おすすめ!

土を掘る! にんにくを剥く! 体験して感じる食のありがたさ

到着すると一面に畑と竹林が広がっていました。中には近隣のレストランと連携している畑もあるとのことです。今回はその中の畑の一つで、にんにくを植える作業を体験しました。まず、6片あるにんにくを手作業で1片ずつばらばらにしておきます。にんにくは種や苗ではなく、にんにくそのものを植えることに驚きました。畑には、黒いシートを敷き、鉄パイプを使って均等な間隔に穴を開けます。そこに、先ほど準備したにんにくを1片ずつ植えていきました。すべて植え終え、いい汗をかいた後は焼き立てのピザが待っています!自然の中で食べるはピザは格別で、参加者の皆さんとの交流を楽しみながらいただきました。

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

今回はひとりで足を運んだのですが、みなさんがあたたかく迎えてくださったので、心細くありませんでした。一から交流を深めたい方はもちろん、友達やご家族の思い出作りにもぴったりなのではないでしょうか。どんな人が参加しても楽しめるイベントです。

アルバム

  • いつも「農人たち」のお手伝いをしているという学生さんや、宇都宮で農業を始めたおじいさまなど、「農人たち」での体験をきっかけに交流がスタートし、何度も参加している方もいらっしゃいました。にんにくは6片で1球になっているそう。1つずつばらばらにし、植える準備をしました。

  • ご近所の農家さんが持ってきてくださったラディッシュ。にんにくを植えたあとは、採れたてのラディッシュの甘酢漬けをいただきました。一緒に食べたピザやお赤飯も手作りで、「農人たち」の方が地域に愛されているのが伝わり、心があたたかくなりました。

  • 新鮮な野菜を使っててつくったピザ。生地をのせたあとにソースをぬり、その上からナスやカボチャをトッピング。さらにとろけるチーズをたっぷりとかけました。外にある釜で回しながら焼き、出来たてをいただきました。自然の中で食べる焼き立てピザは格別です!

  • 親子での参加はもちろんですが、お孫さんとの参加もおすすめです。この日は、農業をはじめたおじいさまと、偶然宇都宮に遊びにきていたお孫さんが一緒に参加していました。敷地内にはヤギやにわとり、ネコがおり、私もお孫さんといっしょに動物たちとの触れ合いも楽しみました。

  • 「農人たち」の建物は白が基調につくられており、光がきれいに入るよう設計されているそう。「一人で思い悩んだり考えたりと“心の旅”をするのではなく、“足の旅”をして、いろんな人や景色と出会ったらいいよ」とアドバイスをいただきました。今回も、足を運んだからこそ生まれた出会いばかり。その通りだと感じます。