旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :18/07/31

    触れて楽しむ とちぎの農村体験

種まきを通して、生産者の想いを知る”そば栽培”体験

ばーしー
(埼玉県/30代/男性/その他)
同行者:ひとり

普段何気なく食べている”そば”は、どうやってできるんだろう。そんな疑問を解決しに日光市岩崎で開催されたそば栽培体験に行ってきました。全3回の体験に参加するとそば作りの一連の工程が体験できます。初回でもある今回は種まき体験。機械を使わずに人の力でまき溝を作り、種をまき、土をかぶせる作業を体験しました。当日は晴天で強い日差しの中での作業でしたが、山の中ということもあり時折吹く風が心地よく、自然を感じながら作業ができました。種まき自体はお盆まで行われるということ、また、そばは土が湿りすぎているとよく育たないことから晴れた日にしか作業できないということを聞き、美味しいそばを作る大変さも学びました。

ここがイチオシ!おすすめ!

みんなで一つの釜を囲って食べるそばは格別!

全3回のそば栽培体験で共通して体験できるのがそば打ち体験。粉を引くところから、茹でるところまでの一連のそば打ちを体験することができ、私にとってはすべてが初めてで大変貴重な経験となりました。そば打ちの熟練者であるスタッフが、そばの打ち方のコツや道具の選び方まで丁寧に教えくれますので、そば打ちをやったことがない人はもちろん、経験者や趣味で打つ人も是非体験していただきたいです。大釜でさっと茹でられたそばはコシがあり、噛んだ瞬間に風味が口の中に広がります。今まで食べたそばの何よりも、忘れられない味となりました。

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

ご家族がいらっしゃる方は、お子様を連れて行ってみてはいかがでしょうか。日本の伝統的な食べ物がどのように作られているかを、一緒に体を動かしながら、また体験しながら学べると思います。生産者の方のお話に耳を傾けることでも食べ物に改めて感謝の気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

アルバム

  • そばの種まき。多すぎず少なすぎずまかなければならず、ちょうどいい量を探るのが大変でした。土が湿りすぎているとよく育たないので、ある程度乾燥した日、天気の良い日にまかなければいけないらしく、そば農家の方々の大変さを学びました。

  • そば打ち体験①そばに水と小麦粉を混ぜて練ります。水の分量とこね方が本当に難しく、こね方が雑だとダマになってしまうし、水の量が少しでも多いとべちゃべちゃになるので、スタッフのアドバイスをよく聞いて練っていきます。

  • そば打ち体験②均等に平たくのばしていきます。薄く作れないと、この後切るときに太くなってしまうので、分厚くならないように棒を使いながらうまく伸ばしていきます。人によって丁寧だったり、薄すぎてちぎれてしまったり、性格が出て面白いです。

  • そば打ち体験③完成したものがこちらです。エアコンが効いていると乾燥するためにちぎれやすく、切れないようにうまく作るのが難しかったです。この後自分が打ったそばがどのように茹で上がるかが楽しみです。

  • そば打ち体験④釜で一気に茹で上げます。茹で上がったものは冷水でこれも一気に冷ますことで麺にコシが生まれます。今回はそば打ち協会の会長をされている方が参加されており、匠のタイミングで調理し、解説もしてくれました。