旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :18/06/03

    触れて楽しむ とちぎの農村体験

自然塾で深まる絆!生き物と触れ合って知る、自然の守り方

たきつかさ
(神奈川県/20歳未満/女性/)
同行者:ひとり

今回体験してきたのは、「道の駅 うつのみや ろまんちっく村」で開催された【ふれあい自然塾「田んぼと水路の生きものさがし」】というイベントです。宇都宮駅からバスで40分ほど揺られてろまんちっく村に到着しました。まずは、入り口付近にある総合案内所の前に集合。体験内容の説明を受け、お土産にも目印にもなる缶バッジを受け取り、自然塾スタート!森のエリアを通って田んぼに到着しました。爽やかな風が吹くなか、生き物の生態や環境を守っていく為に、今取り組まないといけない問題、今日から出来ることなどを教わりました。自然と触れ合いながら、とても充実した時間を過ごすことができました!

ここがイチオシ!おすすめ!

広がる自然との触れ合いを通して知る、生き物たちのくらし

生き物さがしでは、田んぼや池を覗いて生き物を探し、捕って観察しました。「捕った生き物を戻すときはきちんと捕った場所に戻そうね。」という教えを最後まで守る子どもたちの様子も見届けることができました。自然を守るにはどうしたらいいか、自然と共存するにはどのように過ごせばいいか。実際に自然と触れ合いながら考え、学ぶことができるのでおすすめです。親子はもちろん、友人同士でも楽しむことのできるイベントだと思いました!

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

自然が好き、自然に触れたいという方なら家族でも友人でも、デートでも、もちろん一人の方にもおすすめです。敷地内に温泉や宿泊施設、乗馬体験コーナーもあるので、旅行の一つとして楽しむことのできる場所です!

アルバム

  • 田んぼの横を流れる水路をじっくりと観察する子どもたち。知っている生き物を見つけたら「あ!いまおたまじゃくしいたよ!」とお母さんやお父さんに報告する姿がとても愛らしかったです。また、初めて見る生き物を見つけたときは近くの子ども同士で相談している様子も。

  • 日陰に敷かれたレジャーシートに座り、紙芝居形式で生き物の生態や環境の守り方を教わりました。まずは今回のような自然をテーマにしたイベントや、自然と触れ合えるワークショップに参加すること、そこから興味が湧いたものを自主的に調べ、理解を深めていくことが自然を守る一歩に繋がるのだそう。

  • 捕った生き物は場所ごとにわけて一度バケツの中へ。ザリガニはここ、おたまじゃくしはここ…。ときには実際に生き物と触れ合う様子も。じっくりと生き物の様子を観察し、「足がはえてる!」「これ、メスだ!」と親子や子ども同士で話し合うシーンも見ることができました。

  • 網を池や田んぼに入れて、さっと引き上げて確認。あちこちでいろいろな声が聞こえました。「あ!おたまじゃくしが2匹取れた!」「アメリカザリガニ見つけた!」。分からない生き物はテント近くにあるテーブルに並べられた図鑑を見て照らし合わせていました。

  • 最後は、気に入った生き物をスケッチ。ちいさな生き物は用意された顕微鏡でじっくりと細部までみてから描くことに。2つの顕微鏡をそれぞれ子ども同士で譲り合いながら使う様子は、とても微笑ましく感じられました。

  • スケッチをするときは、見て、描いて、描いて、見て…。子ども同士で自分達が描いたものを見せ合ったり、色鉛筆の貸し借りをしたり。年齢、性別関係なく参加している子ども同士の友情も生まれたようです。