旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :18/04/28

    一条恵観山荘

古都・鎌倉で、いにしえの美を堪能する旅へ!

ぺこり~の
(静岡県/40代/女性/会社員)
同行者:友人

一条恵観とは、江戸前期に後陽成天皇の第九皇子で、五摂家のひとつである一条家の養子となり第14代当主となった方。風雅を愛しこだわって作り上げたのが、ここ一条恵観山荘。京都の西賀茂にあった別邸の離れだったそうで、国指定の重要文化財です。敷地内に一歩、足を踏みいれた瞬間、木々の葉が風になびく音と野鳥の声が響きあう静ひつな空気に包まれ、まるで別世界に迷い込んだような気分でした。絢爛豪華という言葉とは対極にあるシックで贅をこらした建物の美しさを今こうして私たちが堪能できるのも、ここを受け継ぎ、大切に守ってこられた方たちの思いがあればこそなんだろうな、とあらためて感じました。

ここがイチオシ!おすすめ!

自然の美と融合したシックで贅沢な空間にトリップ!

建物だけでなく、庭の苔、石、植栽にいたるまでまるごと移築されたということで、ぜひ庭ごしに眺める一条恵観山荘を愛でてください。訪れたのは4月下旬、新緑の美しい時期でしたが、秋は見事な紅葉に彩られるそうです。山荘内部は、襖や障子、板戸で3畳程度の小さな部屋にいくつも仕切られており、襖を開けるたびに趣の違う部屋が手品のように次々にあらわれます。その引き戸の金具ひとつ、天井や柱の材ひとつにいたるまで、恵観公のこだわりが細やかに行き届いていることに感動しました。庭に面した障子や襖を開け放つと、京から移築した苔や赤杉といった植栽が日差しにキラキラ輝いて、幻をみているようでした。

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

目の前を流れる川のせせらぎや風の音、木々のざわめきに包まれながら、静かな時をゆったりと楽しむ場所です。季節ごとに移ろう庭を静かに眺めているだけで、心と体に降り積もったものを優しく洗い流してくれそうな気がします。できれば早めの時間に訪れて、一日の時間の変化も楽しんでみたいです。

アルバム

  • 杉板の襖が何か所かあり、見事な絵が描かれています。玄関を入って最初に出会う杉板の絵には傀儡(人形使い)の絵。人形浄瑠璃や歌舞伎の戯作者として名をはせた近松門左衛門は、若い頃、この一条家に仕えていたので、近松自身も間違いなくこの絵を見ていたはずです。さまざまな文化が育まれた場でもあったようです。

  • 長炉の上には、煙と熱を上へと逃がすような作りになっています。もちろん、それも恵観公の工夫。炉で暖められた空気は、その上に設えられた戸棚の中を温めることで料理の保温庫にもなり、また煙は二重構造になっている屋根を内側から燻し、暖める効果があったそうです。寒さ厳しい京都の冬をしのぐ工夫だそうです。

  • 襖の引手には「月」をかたどった金具。たおやかな文字は、京極高広の娘によるものとか。修学院離宮、桂離宮と同時代に建てられた一条恵観山荘。外観は田舎家のような茅葺でありつつ、内部のそこかしこから雅な風情が薫ります。捨遺和歌集に詠まれた歌の含みで「位高き客たちの座敷」を指す「月の…」に由来するそうです。

  • 2間もある水屋近くの杉板には、着物に香を焚きしめる様子が描いた絵がだまし絵のような構図で描かれているのですが、これをご覧になった霊元上皇が牛と思われ、その顔を探された、というエピソードが残っているそうです。たしかに、黒い牛のようにも見えます。やんごとない身分の方の、かわいいエピソードです。 

  • 一条恵観山荘の敷地には、現代数寄屋造りの茶室があります。今回はそのうちのひとつ、茶室・時雨席で薄茶をいただきました。9畳もある広い空間で、入ると正面の障子に丸窓がきられ、坪庭が絵画のように見えます。うかがった時は、ちょうど藤の時期だったので、藤の軸をかけていただいていました。

  • 当日、「朝食 喜心」さんで、遅めの朝食をいただきました。こちらは京都祇園で美味しい朝食をいただける人気店で、今年4月に鎌倉店がオープンしたばかりです。土鍋で炊き上げたご飯を、好みのお茶碗に一口ずつよそっていただきます。煮えばなの状態からおこげまで、ご飯の変化を楽しみながら美味しくいただけます。

今回体験したモニターはこちら

今もなお武家文化が色濃く残る古都鎌倉の山荘で、時を超えた雅な茶の湯を体験する

アクセス
一条恵観山荘