旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :17/10/15

    戸隠そば博物館とんくるりん

そば打ち体験がご縁で、初めての戸隠旅行☆彡

POCO
(長野県/40代/女性/パート・アルバイト)
同行者:友人

この歳になるまで足を運んだことがなかった戸隠。ふと目に止まった「そば打ち体験」モニターに、見事当選。これは“ご縁”と友人を誘って初めて戸隠へ。電車・バスと乗り継ぎ、2時間半かけ「戸隠そば博物館とんくるりん」へ。名人にレクチャーしてもらいながら、混ぜる→捏ねる→延ばす→切るという工程を経て、お蕎麦が完成。工程ごとに表情をコロコロ変えていくお蕎麦。童心に帰り夢中になりました。出来上がりは…と言うと、太さがまばらではありましたが(笑)、お味は格別でした。その後、パワースポットの戸隠神社をお参りをして、帰路に着きました。戸隠を満喫できた素敵なご縁に感謝します。

ここがイチオシ!おすすめ!

初めてだって心配無用!そば打ち名人が丁寧にレクチャー。

日本三大そばの一つ「戸隠そば」。食べたことはあっても、自らを打ったことのある方は少ないのではないでしょうか?「戸隠そば博物館とんくるりん」では、そんな貴重なそば打ち体験が気軽に楽しめます。名人がグループ毎に1人ずつ付き、丁寧にレクチャーしてくれるため、初めての方でも心配はいりません。また、出来上がったお蕎麦は、その場で茹でてもらえるので、打ちたてをいただくことができます。そのお味の美味しいこと、感動しますよ。これを機に、奥深いそば打ちにハマる人も多いのでは?

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他
  • 女性同士
  • 友人・同僚
  • ひとり
  • 夫婦
  • 家族
  • デート
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

乾燥させないよう素早い作業が要求されるそば打ち。心を一つに作業する事で連帯感も生まれ、より仲も深まりますし、出来上がった美味しいお蕎麦を口にすることで自然と笑顔になります。大人も子どもも素敵なひと時を過ごせること間違いなし。ぜひお試しあれ。

アルバム

  • 入口横で受付を済ませ、開始時間までに手を綺麗に洗ったり準備を整え、ワクワクドキドキそば打ち道場の開場を待ちます。道場前には、戸隠の名産を取り揃えられた売店もありお土産の購入も出来ますよ。また、道場の中には色紙がいっぱい。多くの有名人も体験しているようです。

  • いよいよ名人の説明を聞きながら、そば打ち開始。まずは鉢に入ってるサラサラのそば粉に熱湯を加え全体に混ざるよう一本箸で素早くかき混ぜていきます。同様に小麦粉、水の順に加えては混ぜを繰り返し、混ざったら手で一つにまとめます。次に鉢の中で表面がツルっとなってくるまで捏ねていきます。

  • 捏ね終わったら丸くまとめ、打粉したのし台の上に移します。中心部を残しつつ端の少し手前まで麺棒を転がします。蕎麦も回転させながら丸い形になるように延ばしていきます。ある程度大きくなったら、麺棒に巻きつけてはコロコロを繰り返し、のし台いっぱいくらいまで延ばします。

  • 打粉を振って折りたたみ、約2ミリ幅になるように切っていきます。片刄の麺切り包丁を駒板に沿ってまっすぐ落とし蕎麦を切り、ほんの少し包丁を傾けるを繰り返します。これが難しい。慣れてくると同じ幅で切れるようになってくるのですが、調子に乗ると太くなったり細くなったり…まあ、これもご愛嬌ですね(笑)

  • 出来上がったお蕎麦は、隣の厨房ですぐに茹ででもらえ、そば打ち体験者特別席でいただけます。打ちたてのお蕎麦、それも自分が打ったとなると美味しさも格別です。スタッフの皆さんも、とても親切で気持ちよくそば打ちを体験ができました。

  • 秋の戸隠といえば、紅葉が鏡のように水面に映る鏡池。でも、この日はあいにくの天候だったため断念。そこで、霧雨の降る天候がより幻想的な雰囲気を醸し出す杉並木を通り、パワースポット戸隠神社の奥社へ。沢山パワーもいただいて、初戸隠を満喫してきました。

今回体験したモニターはこちら

女性に人気のパワースポットも! 名人指導のもと、戸隠流そば打ちに挑戦しよう

アクセス
戸隠そば博物館とんくるりん