旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

モニター体験記一覧に戻る

体験日 :16/10/16

    高見屋 最上川別邸 紅 -BENI-

芭蕉の足跡をたどり、山形の味覚を楽しむ夫婦旅

グランピエール
(神奈川県/40代/女性/その他)
同行者:夫婦

高見屋 最上川別邸 紅 -BENI-は、最上川の河畔に建つ静かな宿。この宿の案内を見たとき、まっさきに頭に浮かんだのは芭蕉の句でした。宿から見る川の流れはゆったりとしていますが、川くだりをしてみるととても流れの速い箇所があることに気づきます。雨が続いたあとの川くだりは、さぞ大変だったことでしょう。紅は最上川くだりの下船所(川の駅・最上峡くさなぎ)から徒歩で3分ほど。日本の滝百選のひとつである「白糸の滝」も、すぐ近くにあります。川のせせらぎを聞き、川面を渡るさわやかな風を感じながら、のんびりと温泉につかる至福のひとときを過ごすことができました。

ここがイチオシ!おすすめ!

立地がいい!

心のこもった最高のもてなしとともに、山形の味覚を堪能

最上川と白糸の滝一夜観音を望むお部屋も、気持ちのよいお風呂も素晴らしいのですが、この宿の一押しはお食事です。米の娘豚のしゃぶしゃぶ、蕎麦の実やなめこなど、山形の味覚を堪能できました。ご飯はもちろん「はえぬき」で、ぴかぴかの新米をいただきました。部屋数が20とこぢんまりした宿なので、ダイニングでもとても行き届いたサービスが受けられます。食事のペースをきちんと見きわめて絶妙のタイミングでサーブされるお料理も、隙がないのにフレンドリーなスタッフさんの対応も、申し分なくすばらしいものでした。

こんなシーンにおすすめこんなシーンにおすすめ
  • 乳幼児連れ家族旅行
  • 家族旅行
  • 恋人
  • 夫婦
  • 友人
  • 女性同士
  • ひとり
  • 社員・団体旅行
  • その他
  • 乳幼児連れ家族旅行
  • 家族旅行
  • 恋人
  • 夫婦
  • 友人
  • 女性同士
  • ひとり
  • 社員・団体旅行
  • その他

おすすめの理由おすすめの理由

和風、かつモダンなテイストの落ち着いた雰囲気で、部屋数も20と少なめなので、大人の休日をゆったりと楽しむのにぴったりの宿でしょう。照明を控えたダイニングも、小さいお子さん連れの方よりは大人のカップルに向いています。20室すべて借り切っての団体旅行も、いいかもしれません。

アルバム

  • 外観 外観 モダンなたたずまいですが、かつて若山牧水も宿泊したという由緒正しい宿です。最上川の河畔に建っていて、お部屋やお風呂はすべてリバービュー。最上川と一夜観音、白糸の滝が一望できます。川くだりの終点である川の駅から歩いてすぐですが、とても静かなところでした。

  • 施設施設 最上川を望むこちらのラウンジでチェックイン。ウェルカムドリンクとして紅花茶がふるまわれます。対岸には一夜観音がありますが、付近に橋はありません。ときおり川くだりの船が通りすぎるだけで、最上川の眺めをひとりじめできます。

  • 客室客室 ゆったりとした和室にベッドがおかれています。このベッド、硬すぎず柔らかすぎず、とても寝心地がよかったです。夜は少し冷えましたが、暖房がしっかり効いているので問題ありません。冬になれば、最上川の雪景色を楽しむことができます。

  • お風呂お風呂 白木が清々しい、とても気持ちのいいお風呂です。もちろん、最上川に面しています。お風呂は小ぶりですが、部屋数が多くないためかいついっても貸し切り状態でした。お肌がすべすべになる、柔らかくていいお湯でした。

  • お風呂お風呂 こちらは露天風呂です。かなり大胆に外が見えますが、ときおり船が通るだけで、対岸に人が渡れないので心配無用です。川面を渡る風がとても心地よかったです。こちらのお風呂は日暮れ前に入るのがおすすめだと思います。

  • 料理料理 こちらは朝ごはん。テーブルにセッティングされているお料理のほか、お総菜やヨーグルトを自由にいただくことができます。品数は多いのですがほどよい量ですし、夕食同様気持ちのいいサーブが受けられます。蕎麦の実とナメコの和え物が絶品でした!

周辺スポット周辺スポット

最上川くだり

アクセスアクセス車・バイクで、20分

乗船場まで車で20分。下船場からは徒歩3分です。下船する川の駅からバスが出ているので、移動の心配はありません。船頭さんの巧みなガイドを聞きながら、およそ1時間の船旅が楽しめます。NHK連続テレビ小説、そして映画の『おしん』の撮影も最上川でおこなわれており、そのときのエピソードを聞くこともできます。船頭さんの最上川舟唄もお見事でした!

白糸の滝・一夜観音

アクセスアクセス徒歩で、3分

白糸の滝と一夜観音までは、歩いて3分ほど。ただし、対岸に渡ることはできません。日本の滝百選のひとつである白糸の滝は落差120メートルと華厳の滝の97メートルを上回っており、対岸からも迫力充分でした。

立石寺

アクセスアクセス車・バイクで、90分

最上川といえば松尾芭蕉、松尾芭蕉といえば立石寺。芭蕉の足跡をたどる旅であれば、立石寺は外せません。少し遠くはあるのですが、蕎麦街道を経由しての楽しいドライブでした。山からの眺めも、まさに絶景です。

今回体験したモニターはこちら

最上川の絶景を一望する客室にステイ! 大切な人と過ごす優美で特別な時間

アクセス
高見屋 最上川別邸 紅 -BENI-