旅のおためしサイト旅モニ。旅館やホテル、飲食店・レジャー施設、温泉が無料で当たる旅行モニター募集。

旅のおためしサイト

タビモニリサーチVol.2 きもの調査タビモニリサーチVol.2 きもの調査

8月4日は「ゆかたの日」。着物や衣装レンタルの利用について大調査!

例年にない記録的な猛暑の日々が続きますが、8月に入り今年の夏もいよいよ佳境に入ってきました。花火大会やお祭りなど、この季節ならではのイベントが目白押しですね。夏のイベントに欠かせないのがゆかた。8月4日は「ゆかたの日」。ゆかたの日にちなんで、1年のうち何回着物を着るかや、旅先での衣装レンタルをしているかについても聞いてみました!

ゆかたや着物を着る機会は若者が多く、年齢が上がるほど減少傾向に

photo/feature/587/img1b120180801131239.jpg

男性でも年1回以上着ている人が21.3%と、意外に着物や和装好き?!

はじめに、ゆかたや着物を着る頻度について聞いたところ、「年に1回以上」と回答したのは32.9%。対して、「着ていない」と答えたのは35.3%で、着物に積極的な人より消極的な人が若干上回る結果に。年代別で見ると、20代47.3%、30代36.6%、40代27.3%、50代25.3%、60代以上18%と、若い年代が一番多く年齢が上がるにつれて割合が減少。男女別だと女性が36.8%、男性が21.3%。年1回以上着物を着ている男性が2割と意外に多い数字が出ました。

SNS映えを意識して着物を着るのは少数派。着ていくシーンが重要

photo/feature/587/img1bb320180801131239.jpg

性別・年齢問わず、着物がふさわしいシーンを意識。日常とは異なる特別感の演出にも

次に、どんな時に着物を着たいかを聞くと、「花火大会やお祭り、初詣などの行事の時」がダントツ。続いて「古都やレトロな観光地に行った時」「思い出や記念として」の並びで、これは男女や年代に関わらず共通の順位に。間違いなく写真映えするであろう着物姿ですが、「SNSにアップするため」という理由は下位に。このことから、着物がふさわしいシーンや場所を何より重視していることがわかります。また、思い出や記念のために日常とは異なる特別感の出す演出アイテムとして着物を使っていることも伺えます。

衣装レンタルは大半が興味あり。誰でも変身願望をもっている!

photo/feature/587/img1b520180801131239.jpg

女性9割、男性7割が衣装レンタルに興味。衣装で非日常気分を味わいたい

続いては、着物に限定せず幅を広げて衣装レンタル体験の関心度を聞きました。全体で「興味がある」と答えたのは85.5%で、女性は91.1%、男性も69.3%と大半の人が衣装レンタルに関心をもっていることが判明。年代で見てみると、20代と30代の関心度は9割と高く、こちらでも40代、50代と関心度が年代順に緩やかに降下するという結果に。いずれにしても誰もが衣装レンタルで変身してみたい、非日常気分を味わってみたいという願望があることがわかりました。

子どもより自分のレンタル衣装体験を! ママたちの意外な本音

photo/feature/587/img1bb720180803165421.jpg

子どもの衣装レンタルと自身の体験願望とを比較。男性は子ども、女性は自分に関心が高いことが判明

ここまでは自分自身の質問でしたが、子どもがいる人限定で子どもの衣装レンタルの関心度についても聞いてみました。大人顔負けのハロウィンやディズニーキャラクターなどのコスプレが流行る時代、我が子にはさらに可愛い扮装をさせたいのでは?という予想を覆し、意外な結果が。男性は自身より子どもの体験願望が5.3%増でしたが、女性は逆に子どもの体験願望が自身より6.6%減。衣装による変身は、女性は自分が主人公という本音の表れなのでしょうか。

旅モニ会員に、旅先でどんな衣装に挑戦してみたか聞いてみました!

photo/feature/587/img1b920180809214252.jpg

数で圧倒、貸衣装の聖地京都。舞妓体験や花魁は鉄板! 京都以外の衣装レンタルの一部をご紹介

●高山祭の時に友人4名でお揃いの黄八丈の着物を着せてもらい古い町並みを散策。修学旅行生と外国の観光客に引っ張りだこでした。(女性40代)●出雲大社を訪れた時、玉造温泉の旅館で衣装体験を。巫女さんの格好をして旅館の前で記念撮影をしたことは女子旅のいい思い出です。(女性20代)●能の美術館拝観時に能装束と能面を試着しました。とても凛とした気分になった記憶が。(男性60代)●千葉県のチューリップ畑でオランダの民族衣装レンタルがありました。子供に着せたらまわりからも大好評!(女性30代)

衣装レンタルの体験、おすすめ施設をご紹介!

photo/feature/587/img11120180801134425.jpg photo/feature/587/img11120180801134425.jpg

着物体験/レンタル着物 夢美人【京都】

祇園四条駅より徒歩1分、河原町駅より徒歩3分という好立地にあるレンタル着物店。祗園、清水寺、高台寺、東山、京都駅など、京都の観光名所の散策を、着物姿で気軽に体験できるように考えられたプランが魅力。着付け込みで3000円という手頃な価格のものから、より本格的に着こなしたい人向けまでと幅広い。伝統的な柄から流行の柄まで約200種類の着物があり、選ぶ楽しみも味わうことができる。

詳しくはこちら

photo/feature/587/img21120180801134425.jpg photo/feature/587/img21120180801134425.jpg

民族衣装/モンゴリアビレッジテンゲル【栃木】

モンゴル遊牧民の移動式住居である「ゲル」をそのまま客室として使用した宿泊施設。モンゴルから直輸入したというゲル内には、伝統模様などが施され、思わず“かわいい!”という声が出てしまいそうなほど。民族衣装とともに写真映えもバッチリ。モンゴルの伝統的な楽器「馬頭琴」のコンサート(無料)や、民族衣装「デール」を着ての記念撮影(1人500円)など、モンゴルの文化を感じられる体験も。

体験記はこちら

photo/feature/587/img31120180801134711.jpg photo/feature/587/img31120180801134711.jpg

マーメイド体験/沖縄ダイビングショップSeafree【沖縄】

海外で流行中の「マーメイドスイム」は、日本でもやってみたいという女性が増えているとか。「やってみたいけど衣装の用意が大変」「人目が気になる」「キレイな海でないと雰囲気が出ない」というハードルを、すべて解消してくれるコースは1人1万円で体験可。場所は、沖縄本島中部・恩納村のプライベートビーチ。写真撮影もマーメイドスイム体験も周囲を気にすることなく、最高の環境でゆっくりと楽しむことができる。

体験記はこちら